スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 5月 王滝

2016.06.04.10:06

王滝 100キロSSに出場してきました。

SURLY グランパス 30t×22tのギア比1.36です。普通は32t×22tとか21tとかなんでしょうが、29+でちょっとタイヤも大きいので、これ以上重いギアは後半きついと考えました。実際にはフロント32tにしようかという色気も少しありましたが、普段トレイルを走るときに使っているフォルモサの30tで大正解でした。


初の100キロ出場なので、ギアードの方がいいかとも一瞬迷いましたが、当然SSですよね?という周りの空気にあがなえず、また、ディレイラーつけるのがめんどいという理由で、SSで出場ということになりました。

SSだとすごいすねー、とか尊敬しますとかレース中も過分なお言葉をいただくのですが、SSの大半はすごい人であるのは確かなのですが、私はむしろ弱いライダーの部類です。

タイムも8時間台後半とSSの中ではかなり遅い方です。

なにせアシモより遅いぐらいですから。


中身はブチョーの筧さんらしいので、勝てるわけないですけどね。

それでもやはり次回以降もSSで出ると思います。

42kmのギアードで走った時よりも100kmSSの方がラクに感じたからです。

ひとつにはコースをなんとなくわかっていたので、前半とにかく抑えて走ったことがあると思います。

それに加えて、前回と異なり、リアホイールをカーボンリムに変えたこともあるでしょう。

それでもSSに乗り続けることで確実にペダリングが上手くなり、終始心拍を上げずに坂を登れるようになったことが大きいと思います。

ギアードで走ると坂が来るとつい軽いギアでクルクル回してしまうのですが、アレは相当心拍あげる上に引き足をほとんど使えません。疲れる割に効率が悪いです。ただし、脚を攣りにくいのは確かです。

重めのギアで踏みまくるとすぐに攣ってしまうので、引き足も総動員。あちこち使う筋肉を変えながらじわじわ踏んでいくので使った力をかなり推力に変えているように感じます。

今回は2runを忘れてしまったため、こんなとこまで攣るかというぐらいあちこち攣りましたし、なにより背筋に来ました。

それでも心拍が上がらないのは長距離では本当にラクです。

前半抑える作戦だったので、坂は自然に形成される時速6キロ友の会の皆さんと走りましたが、周りのスピードが落ちる後半は時速10キロ友の会に変更してワシワシ漕いで行きました。
心拍を上げない走りは後半に効きます。

そもそも今回は心拍計は持って行きませんでした。

常に周りの人とお話しができるペースで。

脚も何度も攣っては回復を繰り返し、疲れ果てていたものの、ゴール時にはあと20キロぐらいなら走れそうな余力が残っていました。

時々止まって写真撮ったり




とにかく王滝は楽しい!



川で自転車洗って、帰りは温泉にお約束のソースカツ丼!
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

高知県人

Author:高知県人
FC2ブログへようこそ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。